『大衆誌は高学歴バカがお好き』

タイトルは『紳士はお熱いのがお好き』から、ある一連の騒動を眺めていて自分が思いついたフレーズです。心当たり、ありますよね? いろいろと。こんなことでも思いついちゃったから、とりあえずネットに上げてみます。えー、だってそうでしょー? さすがに大衆「紙」はそこまでじゃないと見ていますけど、読んでないからわっかりませーん。

某大学教員曰く
「研究者としては終わりで、あれも終わったこと」
「あとは飽きるまでおもちゃにされて終わりでしょ」
だそーでーすー。

キャラ弁は無理なのでストーリー弁当(スト弁)を作ることにする

私の器用パラメーターは0に近いので、創造的なキャラ弁は作れない。

ので、型やできているものを使って、並べ替えたりストーリーを作ったりするお弁当を作ることを思いついた。名づけてストーリー弁当、スト弁である。たぶん誰かが既に考えついているだろう。(そのうちググって調べる)

私はリラックマが好きなので、例えば、コリラックマキイロイトリの二人で出かけた設定で、桜でんぶを散らしてお花見弁当とか。リラックマはそのとき、おうちでごろごろしているのだ。

これなら、型かかまぼこのようなものがあれば作れる。おお、そう器用でなくてもなんとかなるな。なっているのか。

我ながら過敏になり過ぎていて、攻撃性の高い文章しか書けないので、ひとまずローカルで吐き出して整理してから、穏当な文章をアップできるようにします。

ちょっと、ここ2週間ほど攻撃的になっていて、自分を丸める方法がわからないので、とりあえずいつもの方法を試してみますので、こちらは少しお休みします。ちょっとこれはひどい。です。

「勝手に解釈されては困りますね」と嘆かれるものの、解釈なんて個々人が勝手にするものだろうに

「勝手に解釈されては困りますね」は、私が小学生のときの担任の口癖だった。

その時の私の感想
・勝手に解釈されるようなものの言い方をするほうが悪いのでは。(もちろん内申点と担任と担任による親への心象が悪くなることを見越してそんなことおくびにも出さない。弱い子供のたいていが有しているスキルである。)

現時点での私の感想
・解釈なんて個々人が勝手にするもので、確かに表現者の意図は当然あるものの、解釈の中ではそれを離れて、一番的確なものと、それぞれの独自の切り口をもった面白いと周囲が判断してくれるものが生き残るのだろう。

文化的ケチ

 被害甚大な具体例を挙げると、ディズニーとマイクロソフトWBCである。全部アメリカ発だ。


 これらの営利団体は、自分のアイディアをさもオリジナルのごとく囲い込み、巨額の利益を貪るケチである。


 一番罪が重いのがディズニーだ。当然、ウォルトは悪くない。悪いのは、彼の死後、その遺産を既得権益とし、独創性のかけらもない、予定調和の組合せと技術革新の応用だけで、臆面もなく新作でございと映像コンテンツとそれに関連する商品とパーク展開をしている面々である。あまつさえ、自分たちのみの利益を守るため、それを他国にも強要せんと、TPP交渉で著作者死後の著作権を延ばそうと画策している。全ての著作物は、先人の偉大なる創造物を畏敬し、その成果をありがたく頂いて成り立つものであるのに、その意識がまるで無い。


  他に散見される少数の営利団体も大同小異である。


 ならば、手始めに、その諸営利団体の主張を、他国に押しつける前に、そのまま自国のみに適用してみれば良い。自明の帰結として、宝の持ち腐れとなり、多様性が育たず、文化が衰退し枯れ果てて行くことは火を見るより明らかである。それをリッチコンテンツ大国の日本から眺めてみるのも一興ではある。まず他のアメリカのコンテンツホルダーが許容するとは思えないが。


 死後著作権の延長は、所詮一部の遺族と企業、そしてその周辺だけが恩恵を被る構図にあるので、ほとんど大多数のコンテンツホルダーが、全ての著作物は森羅万象を起点として創造されることを強調し、死後著作権の期限を維持し、おのおのがそのポリシーに従って毅然と対処すれば恐るるに足らない。


 せいぜい巨額の純利益を稼いで、高額の税金を納めるがいい。


 今の私の英語力では、この主張を適切かつ的確に表現できないので、どなたか英文に翻訳して下さると助かります。

自分が付き合う人間は当然厳選する

兆が一、その人が私を裏切ったとしても、その本質を見抜けなかった自分が悪いと自らを断罪できる人としか付き合わないと決めている。

評:ねとらじDJのPさん

彼の発想方法は、類型がまず見つけられないため、分析不能のブラックボックスにある。おそらく当人も把握していない。その根底には謙虚さと逆風のもと培ってきた実績がある。そして、明らかに、私とは異なるアプローチと別最適解を持っている。彼は、私とは違い、好戦的では決してなく、専守防衛のスタイルを採っている。また、音楽の趣味が素晴らしい。『The end of 1000 years』を彼の放送で初めて聴いたときの衝撃たるやいかほどばかりだったか、筆舌に尽くしがたい。

某元ゲーム系DJと比するのもおこがましいが、自力で生計も立てず庇護者のもと安穏と一歩も安心圏(コンフォートゾーン)から出ずに仲間とつるみ廉価なデジタルデータと紙とグッズでクリエーターごっこに興じている者では断じてない。

評:斗比主閲子の姑日記さん

エゴサーチがお好きとのことなので、率直な意見を述べます。

指摘と改善案
・財務諸表の初歩的な見方を説明します。貸借対照表(BS)は各会計年度末の財政状況を、損益計算書(PL)は各会計年度期間の経営成績を表します。よって、ある企業の経営成績を知るためには、通常まず損益計算書を用います。そして、簿記二級の学習は計算手続を習得するだけなので、このことはわかりません。速やかに当該記事を削除するか、大幅に書き直してください。当該記事は特に素人にとって害毒でしかありません。大阪商工会議所主催の『ビジネス会計検定試験 財務諸表理解力検定』の3級から受験することを強くお勧めいたします。

世帯年収が2000万を超えていると公言するのは、それに満たない大多数のうち少なからぬ人たちからのやっかみとねたみを買うだけですし、そちらの家庭の賢さを示す指標にはなり得ません。私としては、累進課税制度のもと、割高な税金を払っているなあとの感想を持つだけです。ちなみに私個人は非課税所得層であるものの、自分の稼ぎの中で満足して暮らしております。

長所
・嫁姑系のゲス話界隈ではトップクラスの知的水準にあります。どうか精進なさってください。

感謝
・私がはてなを離れている間、「はてな女子」の存在を教えてくださってありがとうございました。

"Courage is resistance to fear, mastery of fear ― not absence of fear."

Mark Twain(1894) "Pudd'nhead Wilson, chapter 12.

らしい。ネット情報。

「視観察」

http://www.chousa-soudan.com/rongo.html

論語』二十篇中第二の為政篇 

「行為」「動機」「心事」

「心事」は「満足」としたほうが覚えやすいです。

ホンダ開発、簡単に装着できる「外骨格」:画像と動画で紹介

http://wiredvision.jp/news/200811/2008111123.html

via http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1264710.html

 キヤノンの椅子なし現場に対して紹介している人がいました。うちもホンダの車に乗っています。ファンになりました。

 キヤノンのプリンター使っていますけれど、壊れたら別の企業にします。

ゲーム会社に就職したい!

http://questionbox.jp.msn.com/qa4937076.html

via http://www9.plala.or.jp/nakanoryuzo/ITIRAN/SOUGOU/3.html

私の知り合いはフリーで企画をしていますが、大変な読書家、映画鑑賞家です。高校の時から読んだ本、見た映画をすべてリストにし、(もちろんしたゲームも)「これが私の知識です。私を雇うとこの知識が生かせますよ」と売り込んでいます。

なるほど、これは面白いリストになりそうです。


特に良い古典を知ることです。現在の流行のものは誰しもが知っていますが、良い古典はよさの基本が入っています。

ゲームで具体的には何でしょうか。マリオとドラクエは超定番ですね。私はSaGaを押したいです。

英語に圧倒的に一人勝ちする7つの言い回し

http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20081111/1226409288

その1「probably」

その2「that's why」

その3「yup」

その4「you mean」

その5「said so」

その6「you know」

その7「holy Kansas!」

一人勝ち、はしなくてもいいです。ただ、自分の会話はたどたどしいので少しでもブラッシュアップできれば、との思いでエントリします。

7だけは、生兵法なのでやめておきます。それ以外は、使うことを念頭においてみます。2と4は使っていますね。3は、よくわかりませんでした。

英辞郎によると

http://eow.alc.co.jp/yup/UTF-8/?ref=sa

yup

【副】

〈話〉うん、ああ、いいよ◆返答としてのyesのくだけた言い方。

発音jΛ'p

あいづちの一種のようです。なるほど。

海外で勉強して働こう

http://www.chikawatanabe.com/blog/2009/04/future_of_japan.html

このエントリから派生したエントリも含めて読みました。

この方の披露された未来像にあまりリアリティを感じませんでした。ただ、留学して他の国で働いてみることや、「頭脳還流」については納得できました。「住む国」の環境は、大きく個人生活や考え方を揺るがしてくれそうです。「頭脳還流」に関しては、以下の記事が元のようです。よ、読めるといいです。

http://news.cnet.com/When-tech-brains-depart-Silicon-Valley/2008-1022_3-6110756.html?tag=nefd.lede

あまりクロネコをなめない方がいい。

http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51456697.html

猛吹雪でも離島でも運んでくれるそうで、頼もしいです。この写真は非常に気に入りました。